« 2010年12月 | トップページ

門前の態度が悪くて困っています

ついでだから、もう少し愚痴ろっと

門前のクリニックが、いよいよ調子に乗ってきた

まぁ、どこの門前医療機関と薬局でもあることなんですけどね。
 

先生も無知だからどうしょうもないけど、医療事務のお姫様たちは世間知らずだし、事務長は○ボの893だし、本当に参った。

 
いくつか事例をば

・どうも最近PLからキョーリンAP2に切り替わってどうもおかしいなーと思っていたら、キョーリンAP2を解熱剤として使用していたことが判明(電話した時に堂々と答えられてしまう始末)⇒適応外としても薬効が認められないのでメーカーからのデータと念押しで疑義照会

・急性期疾患患者(いわゆる風邪症状)にフルタイドロタディスク100mgを12ブリスタ処方⇒メーカーに事例を確認「長期的な治療を行っている方で一時的に処方されるケースはあるんですけど・・・正直意味がわかりません・・・」(GSKさんにはオーグメンチンとサワシリンの併用処方でも大変ご迷惑をおかけしました)

・ミカムロやミコンビを突然食前服用に切り替え⇒ミカルディスは食後服用でAUC減少というデータに勝手に反応した結果でしょうが、メーカーにより降圧作用は食事の影響を全く受けないと報告あり。担当MRも「まだ食前服用で処方きてますかぁ?」とあきれている始末。

・症状なんでもかんでもプロトピック軟膏を処方。MIX指示も多数。小児に対して0.1%の処方も出ており(疑義照会済み、薄まるからこのまま処方)、先日は生後半年ぐらいの子にプロトピック小児用が処方(疑義照会済み、そのまま処方とのこと)。⇒メーカーからの回答、混合は均一性が取れなくなるのでしないで欲しいとのこと。大先生は、プロペトとMIXすれば濃度も薄まるとのお考えのようです。先日患者様の一人からヒリヒリ感の訴えにより処方が変更

・不整脈疾患の方にアベロックス処方(併用薬はタンボコールだったので問題なさそうでしたが、念のため疑義照会したところ処方変更)⇒なぜにアベロックスを突然処方??薬局では初めて処方を受ける。アベロックスはクラスIA抗不整脈薬(キニジン,プロカインアミド等)クラスIII抗不整脈薬(アミオダロン,ソタロール等)は禁忌で、この疑義照会ごときで処方変更するとは、リスクを踏まえた上での処方ではなかった?(ということは、何も知らずに処方??)

自分たちの仕事は棚に上げて、893事務長は私たちの薬を出す時間が遅いといって「事務さんの仕事の効率が悪い」「こんなに時間がかかるなら他の薬局に紹介する」「自分たちは処方せんを早く発行している」一方的な話ばかり。建設的は話をしたいと言いつつ、コチラの意見には全く耳を貸さず。まぁ、レセコンは1台しかないし、事務さん1名薬剤師2名じゃ処理能力に限界がありますし、小児科の2枚組み・3枚組みが入った後にシップの処方せんが入ったときには「お気の毒様」としか言いようがない。業務になれた事務さんなら先に打ち込みをしてくれることができても、まだキャリア半年位の方では(それでもその辺の事務さんよりできますよ)限界があるってもんです。それに早く打ち込まれても薬剤師のてが回らないですな。

何も仕事を知らないくせに、人んちの畑に首突っ込む893。しかも、今月に入って突然今月の休日当番で薬局を開けて欲しいといった内容の話をされて、スタッフ全員で激怒

 
薬局は所詮、下僕としか思っていませんな

 
お姫様事務様(おバカは一人だけなんですが)、1錠分2、1カプセル分3のどこがおかしいのかわからないご様子で「何がおかしいんですかぁ~?」と、逆にお尋ねになられるそうで。

人んちの心配をする前に自分のところの姫君をご教育なさるのが最優先ではないかと・・・

 
まぁ、医療事務のお姫様っプリと事務長の893っプリは人間性の問題なので相手をしなければどうでもいい問題ですが、大先生の無知っプリは、受診なさる患者様が気の毒で仕方がない。結局は患者様が自身でクリニックをお離れになっているのですが(何件かカミングアウトされているので)、それをどうやら薬局のせいにしている部分もありそうなんですよね。ものの言い方が。私たちはあなた方のフォローに日々必死なんですけどね。

 
やっぱりこういう駄目医師もいるから、患者側も立派に仕事をなさっている先生方のことまで厳しく見ざるを得ないんでしょうね。残念なスパイラル現象のきっかけを末端で見ていて何もできない一893医師です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンペ??

これが今年最初の記事ですか(汗)

先日から本部の指示で「顧客満足度調査」を実施しました

はじめから実施方法(各店スタッフによる要説明の配布により多忙な場合は配布困難)問題がありつつも、粛々と収集

正確な調査がしたかったら第三者機関に頼んでくれ・・・
こんな穴だらけのデータを集めてどーするんだ・・・

しかも回収法にこれまた問題ありなので、未記名ながらも誰が書いたか一目瞭然

なぁ、大半はなんでもないご意見なのですが、中にはチラホラクレームめいたご意見も。

5分~10分程度でも「待たされる」とチェックされたり、たまたまインフルエンザのトップシーズンで薬局が混雑した時のことで「待たされました」とチェックされたり、これまたうっかり質問用紙を取り違えただけで(しかも健康被害の恐れの全くないケース)で「それはおかしい」などといった揚げ足取りの意見など、あきれてしまうご意見を多数頂いております。

残念なのは、おそらくはモンスターペアレントと呼ばれる方(もしくは予備軍か?)と思われる方からのご意見でしょうか。薬局に設置しているウォーターサーバーについて

「設置してあるのが子供の目線なのでもう少し高くして欲しい。他の保護者の方もいらっしゃるので心配です。」

これって、結局は自分が子供を管理すれば解決だと思うのは、私だけでしょうか?

確かに、導入時から気にはなっていましたが(機種は上からのご命令ですから決定権はこちらにはありませんし)

当初は、まぁ。見事に遊ばれました。コップも遊ばれ、水もこぼされ、たいそう業務妨害を受けました。この後始末でどれだけ手を止められたことか(汗)

それでも、「保護者の皆様へ」といった内容の文章をテプラで作成して、蛇口のところにのれんがけまでして、おかげさまでコチラの被害は激減しました。保護者の皆様のご理解とご協力を得たかなと胸をなでおろしていた矢先、このご意見。

社会勉強の一環として、また親御さん達とのふれあいの意味もかねて、あまり拘束的なことはしたくなかったので、最初はテプラも躊躇していたんですが、「結局はここまでやらないと今の親たちは何にも注意してくれないのかね」なんて雑談しながら対応していたんですけど。

結局こういう完全他人依存型の親がいるから、必要以上の対応を迫られるでしょうね。

まぁ、モンペには、尾木ママによると5つのタイプがあるそうで

  1. 学校依存型(何でも学校に押しつける)
  2. 自己中心型(学校行事の日程変更なども要求)
  3. 暴力型(暴力だけでなく、暴力団との関係をちらつかせる)
  4. 権利主張型(給食費不払いの言い訳など)
  5. いちゃもん型(いわゆるクレーマー)

今回の方は、完全に1と2型でしょうね。

モンスターペアレントのことをモンペと略すんですね。モンペって聞くと昔の服のことしか思い浮かばなくてダサいと思ってしまいましたが、これまた古いですよね。

モンペは・・・人間的に恥ずかしいしイタいですよ。子供もこんな親の子をやらなきゃいけないのは、かなりつらいと思う。人のふり見て我がふり直せですね。

ひとまず今回のご意見は「はいはい」で済ませるつもりです。

私たちの仕事はあくまで「薬の提供」であり「子供の保護」ではありません。

親御様方でできることはどうぞ御自身で行ってください。

私たちを本来の業務に注力させてください。切に希望します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ