« 美脚を語るのは | トップページ | チャンピックス »

アデノウイルスの薬?

昨日薬局で、ある患者さんのお母さんに

「他の病院で以前出してもらったアデノウイルスの薬を出してもらえると思って受診したんですけど」

と言われました。

今日の処方は解熱剤のみ。

ご希望の薬はサワシリンだったようですが、残念、ウイルスには抗生剤は効かない。

対症療法でしか対応できないんじゃないですかね。

「ごめんなさい、ウイルスが原因だとすると、抗生剤は効かないんです。もしかしたら二次的なもので先生は抗生剤を出したのかもしれませんが」

先生を否定する言い方をしちゃったかなぁ…でも、フォローはしたつもり。

でも、その時に「アデノウイルスなら安静にしていれば大半が自然治癒しますから」と言っておけばよかったかな。これは反省。

お母さんは憮然とした感じでしたが、「そうですか」と言って帰られました。

以前サワシリンを出した先生に不信感を抱いちゃったか、逆に今日の先生に不信感を抱いちゃったか、それとも「この薬剤師、何えらそうに言っちゃってんの」と思ったのか、知るよしもありませんが。

先生がどんな説明をなさったのか知りませんが、このお母さんの言うとおりに「アデノウイルスだから抗生剤を出しますね」と言ったとするならば、それはまずいんじゃないでしょうか。

ウイルスが原因かどうか、忙しい中で判別するのは困難だから、ひとまず抗生剤を出しました、というならまだ説明のしようがあったかもしれませんが。

(こんな感じだから耐性菌ができちゃうんですけどね)

何でもかんでも抗生剤を出す先生方、抗生剤を出してもらわないと安心しない親御様、今回の耐性菌の問題でもう一度見直して欲しいものです。でないと、本当に抗生剤が必要な方に効かなくなっちゃいます。
 

Banner_04 ←応援クリックお願いしま~す★

|

« 美脚を語るのは | トップページ | チャンピックス »

▼薬局日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150365/36607415

この記事へのトラックバック一覧です: アデノウイルスの薬?:

« 美脚を語るのは | トップページ | チャンピックス »