« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

今更ながら、理不尽を感じる

ウシと一緒に働くのも、あと1ヶ月。いよいよラストスパート。もうひと踏ん張り。

 
昨日「コードブルー」を観てましたが、「結果が全て」という言葉、いろんな仕事でもそうなんでしょうが、特に医療現場においては正に結果が全てなんだと思う今日この頃です。

まぁ、ドラマは救命救急ですから、そりゃ話のレベルが違いますけどね。

薬局である話といったら、例えば…

適応外処方でも、症状改善ならば「良いお医者様」。

運悪く副作用が出たら「やぶ医者」扱い。ヘタすりゃ訴訟問題に。

服薬指導なんか適当でも、どこよりも早く薬が渡せたら「いい薬局」。逆も、またしかり。

結論は、いかに患者様が納得・満足をしてお帰りになられるか。これを目指して日々仕事をして、努力をしているつもり…です。

でも、本当につらいのは、これも「コードブルー」じゃないけど、最善を尽くしても報われない時。患者様の為に良かれと思ってやったことも、患者側が満足しなければそれは無駄な努力になってしまいます。

医療現場だと、時に相手は命を盾にして理不尽という武器を振りかざしてきます。

まぁ、ドラマとは少し次元の違う話ですが…

持参金が足りない方に薬をお渡しできない。処方せんが無ければ薬は渡せない。

それは本来、ごくごく当たり前の事。

欲しい洋服だって、お金が無ければ買うことが出来ないのは当たり前。

ところが、医療現場では違います。「私を殺す気か」と言って脅してくるのは、よくある事です。

 
確かに、ごく一部の医療従事者の悪行が報道されることで、患者側が医療に不信感を抱くのも仕方ないことだと思うんですが、患者側のモラルも問われると思うんです。

医療従事者の大半が、結構頑張って仕事をしているもんです。

 

Banner_04 ←応援クリックお願いしま~す★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屯服「医師の指示」

リスミー(1) 1回1T 屯服 14回分

用法漏れでを疑義照会したまでは良かったんだけど、

「医師の指示通り(不眠時)で確認したので、医師の指示通りで入力しました」

と言われた時には、コイツは正真正銘のバカだと思いました

一体彼は2年間、調剤薬局で何を学んでいたのか…

ココの薬局でも、こんなことを教えた覚えはありません

あと2ヶ月弱、我慢我慢
 

Banner_04 ←応援クリックお願いしま~す★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »