« OD3 | トップページ | 恥 »

今日の出来事

「主人が職場で痛みがひどくなり動けなくなったので、薬を出して欲しい」という、患者様のご家族の方が来ました。

なんでも、かかりつけの病院は休診で、先生に電話したところ、受け入れ先の薬局に処方せんをFAXするので何処でもいいから相談してみろと言われたそうです。

つまり、ウチの薬局でFAXを受け、そのまま患者さん(ご家族)に薬を渡し、原本は後でどうにかするってことです。

本人が動ければ他の病院を受診することも出来たでしょうが、何でも全く動けないんだとか。一体どうしちゃったんでしょう?

現在の医療制度では、FAXで受付ることは出来ても、最終的には処方せんと引き換えに薬を渡すことになっています。原本をお持ちでない方には薬を渡すことは出来ません。

かかりつけの病院の住所はここから遠い、ウチの薬局も当然処方せんを受けたことはない、もちろん患者様も初めて(何故にこの薬局に来たのかは不思議なところ)、という状況。でもこのご家族は「そこをどうにかお願いできないか」と言ってきたわけで…

心情的には何とかしてあげたかったのですが、最終的には丁重にお断りをしました。そんなに動けない状態なら救急車を呼んだ方がよいとも伝えました。

でもきっと、このご家族にしてみれば「融通の効かない薬局」という風に見えたと思います。

ドラマの場合、とかくこういったケースはルールを無視して美談になることも多いのですが、現実は至って法令遵守でございます。

最近、実は病院やクリニックさんからちょいちょいこういった話を持ちかけられます。本音を言えば、大変困ったものです。何かあった時に責任を負いかねますし、ルールを守っているコチラ側が悪者のようになってしまうのです。

諸般の事情はあるにせよ、医療機関である以上、あくまで法令遵守でお願いしたいところです。きっとルールを守りつつ、手立てがあるはずなので。

 

Banner_04 ←応援クリックお願いしま~す★

|

« OD3 | トップページ | 恥 »

▼薬局日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150365/32990753

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の出来事:

« OD3 | トップページ | 恥 »