« タミフルの方がよかったのでは? | トップページ | またブログ名を変えました »

そんなにテオフィリンがいいのかなぁ?

 
 
とあるドクターが処方するとかえって具合が悪くなるケースが多いんですdanger

普通に「風邪です」「咳が出ます」と言ってる患者さんに、決まったようにテオドール200mgが2錠、分2で処方されるんです。場合によってはクラリス(クラリスロマイシン)も400mg/day出ます。

みなさん、ひどく咳き込んでる様子もありませんし、呼吸も苦しそうではありません。

そして、高確率で電話が来ます。もしくは後に服用を止めたと言ってきます。

概ね、「頭痛」「吐き気」「動悸」といったことを訴えてきます。明らかに副作用と思われます。

実際は添付文書通りの用量なんでしょうが、あくまで気管支喘息に用いる場合で、処方される方々はテオフィリンを使うほど重症には見えない人ばかりです。それに加えて、クラリス(クラリスロマイシン)が血中濃度をさらに上げちゃってるかもしれません。これが余計に副作用発現率を上げちゃってると思われます。

私の勝手な思いこみなんですが、軽い気管支炎程度でテオフィリンが処方されるなんて考えられないです。自分だったら飲みたくないなsad。テオフィリンは有効血中濃度域が狭くコントロールが難しい事は大学の授業でも出てくるレベルの話。そんなハイリスクを犯すよりは普通に咳止めや抗炎症剤などを出しておく方が無難だと思うんですけどね。

まぁ、確かにテオフィリンを風邪(気管支炎)で出すドクターはいますけど、減量して出すのが圧倒的に多いですね。

このドクターは週イチしか来ないので、患者の状態がフィードバックされないうちに服薬が終了してしまい、おそらくカルテもロクに見てないでしょうから、また同じようにテオドールをこの量で処方してきます。そしてその度に「お大事に…」心から思ってしまうトモミンですweep

 

Banner_04 ←応援クリックお願いしま~す★

|

« タミフルの方がよかったのでは? | トップページ | またブログ名を変えました »

▼薬局日記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150365/10988688

この記事へのトラックバック一覧です: そんなにテオフィリンがいいのかなぁ?:

« タミフルの方がよかったのでは? | トップページ | またブログ名を変えました »