« コムスン | トップページ | やばいっ »

ジェネリック品はこの程度か!




こないだの患者様の台詞です。

コトの発端は、私が間違って「450円位安くなりますよ」と言ってしまった事なんだが。

実際は、70円しか安くなっていなかったわけで。

「450円」てのは、私の計算書のミス。実際は「180円ほど安くなる」と伝えなければならなかった。

が、それとは別に、初回は「後発医薬品情報提供料」と「服薬指導加算」を算定してるが故に、たったの70円しか安くならなかったわけで。

投薬時には「いいよいいよ、ちょっとでも安くなればこっちはいいんだから」と笑って帰っていったのに、閉店後に、しかも携帯で電話してきて、延々30分間位、怒りというか、グチというか…

「おたくが450円安くなるって言ったのに、たったの70円じゃ、なんなんだよ!こっちはせっかく先生に頭下げてお願いして、その価値がたったの70円なのかよ!薬代が安くなるって散々CMしといて、ジェネリック品てのは、所詮この程度かよ!」

「ジェネリック会社に文句いうから電話番号言え」

「どーせメーカーに言っても、『ウチはただ薬を(薬局に)売ってるだけ』って逃げるだけだろ!俺は誰に文句言えばいいんだよ!電話代ももったいないよ」

…なんだか、自己消化してる感じですが。

ちなみにこの方は3割負担。確かに、たったの70円、だよな。

お話を伺いながら、私のミスで始まったことなので謝る所はキチンと謝りましたが、「たった70円しか安くならないのか?」というところは、薬によって、剤数によって、(加算の有無によって)、変わるのでその時でないと何とも言えないことを説明したところで、素人がスグに理解できるわけがない。

まぁ、今回2つ算定してしまったものを除いても、180円安くなるだけ。

180円を多額と取るか少額と取るかも患者の価値観次第。

そもそも、前回ジェネリック希望を訴えていた時に「次回はこの位の負担金になりますよ」と提示していれば、この方の怒り(グチ?)もココまでにはならなかったのだろうが…

前回は薬歴からの推測で、ただ「ジェネリックに変えればお安くなりますよ」としか言ってなかったみたいだ。

ひとまず、「次回のお会計は、今回と同じお薬なら必ずお安くなりますから」と言ったら先方は収めてくれましたが。

ジェネリック品希望の方は結局みんな金に細かい人なわけで、今の調剤報酬算定のやり方だと、正直キツイなぁ…どうしていいのか、こっちもわからないわ

 





よかったら最後にポチっとお願いします→
人気blogランキングへ

Banner_04_1

Banner_02

|

« コムスン | トップページ | やばいっ »

▼薬局日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150365/6740689

この記事へのトラックバック一覧です: ジェネリック品はこの程度か!:

« コムスン | トップページ | やばいっ »