« 薬が無い (1) | トップページ | ダイエット 継続は力なり(-_-;) »

薬が無い (2)

翌日

病院から電話が来ました。昨日の患者様が来ていて、やはり薬が無いと言ってるので内容を聞いて欲しいとのこと。

私は病院に行きました。

そこには患者様といつものヘルパーがいました。

『赤い線の引いてある薬がないんだよ』

赤い線?お尻の薬じゃないの?

・・・あれ、もしかして、聞き間違い?

この患者様は一包化(朝・昼・夕それぞれの服用時点が重なるものを一つにパックすること)をしてる患者様で、お昼の薬の分包紙には赤い線を引いてあるんです。

「おしりの薬」と「おひるの薬」 なるほど。解決。

『家の中は散々探したよ。お宅が間違えたんじゃないの?』

まだ言ってるよ

ヘルパーは患者様に対して『私は間違いなく渡したよね?中身はいじってないよ』

と、完全に責任逃れ体制。まぁ、嘘はついてないでしょう。

こちらとしても別に犯人探しをしているわけでなく、薬が見つかればそれでよいわけで。

それに薬局としては一旦渡した薬をなくしたからといって簡単には渡せないんです。

この方の薬には向精神薬も入っているので。

病院からもう一度処方箋をきって(自費or保険は病院の判断)もらおうとも思いましたが・・・

結局ラチがあかないので最後は薬局長登場。私は通常業務へ戻る。

それからどれ位話込んでいたんだろう・・・しばらくして薬局長戻る。

ヘルパーが患者様宅へ探しに行くことになったようです。

スタッフが行ってもよかったんですけど、結局ヘルパーが行くことになったようです。

あのヘルパー、今日は行けないと言ってたから、ひとまずは明日まで様子見だな。

私は定時になったので帰宅。

翌日、スタッフから「薬は見つかったそうですよ」と話を聞きました。

夕方に連絡あったようです。

やれやれ。一件落着ね。

これですべて終わったと思ったのですが…

Banner_04_1

人気blogランキングへ クリックお願いします

|

« 薬が無い (1) | トップページ | ダイエット 継続は力なり(-_-;) »

▼薬局日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150365/3363383

この記事へのトラックバック一覧です: 薬が無い (2):

« 薬が無い (1) | トップページ | ダイエット 継続は力なり(-_-;) »